住宅を購入する前に知っておいていただきたいこと

住宅を購入するにあたって、インターネットなどで色々調べる方も多いと思います。
ここでは、FPや住宅購入の専門家の視点で、住宅を購入する前に皆様に知っておくべきことを記載しています。

住宅を購入したときにかかる税金にはどんなものがありますか?

3092b594387976da880f943cf9ebad9b_s

 

住宅を購入したときにかかる税金には、登録免許税、不動産取得税、固定資産税、都市計画税があります。
これらについて、下記で詳しくご説明します。

 

登録免許税

土地や建物を建築したり購入したりしたときは、所有権保存登記や移転登記等をします。この登記をする際にかかる税金が登録免許税です。住宅ローンを利用する場合は抵当権設定登記も必要です。
自己居住用の住宅の場合、耐火建築物で25年、木造等の耐火建築物以外は築20年以内、建物面積50㎡以上など、一定の条件を満たすものは、税率が軽減される措置があります。

 

 

不動産取得税

都道府県が課税する地方税で、住宅取得後取得後6ヶ月~1年半くらいの間に各都道府県から届く「納税通知書」を使用して金融機関で納付します。
居住用の場合建物面積50㎡以上など一定の条件を満たすと、税額が軽減される措置があります。

 

 

固定資産税及び都市計画税

固定資産税及び都市計画税は、毎年1月1日時点での土地・建物などの所有者に対し、市区町村が課税します。(都市計画税は対象不動産が都市計画区域内の場合のみです)
年の途中で売買する場合、納税は売主が行い、引き渡しの前日までの分を売主負担、引き渡し日以降を買主負担で日割り精算するのが一般的です。

 

▲ ページトップへ戻る