第3弾 リバースモーゲージとは?

住宅コラム画像14

皆さんは「リバースモーゲージ」という言葉を聞いたことがありますか?

これは「持ち家」の資産を活かしてセカンドライフをサポートしてくれるといわれているローンのことで、金融機関が自宅を担保に高齢者に融資し、生きている間には返済する義務のない制度のことをいいます。

リバースモーゲージの最大の特徴とは?

この制度の最大の特徴は返済の仕組みにあります。生きている間に返済する義務がなく、亡くなった後、遺族などが手続きをして担保不動産を売却し、その代金で一括返済するのです。

定年後の生活費について

総務省の調べによると、60歳以上の定年された世帯の家計は、平均で年71万円の赤字となり、貯蓄を取り崩して生活しているのが現状です。貯蓄が尽きることへの不安を抱えながら生活している世帯は多いため、住み続けながら家を現金化できるリバースモーゲージの需要はここにあるのでしょう。

 

 

リバースモーゲージ利用出来る要件

住宅コラム画像14

 

・現在、居住中の物件で今後も住み続ける事を希望していること

・申込人の単独所有、または配偶者との共有であること

・抵当権、賃借権が設定されていないこと

・推定相続人の全員の同意があること

・概算評価額が1000万以上あること

※ほぼ土地の評価によって利用額が決定するため、利用できる方が限られてしまう点や相続財産をあてにしている推定相続人がいる場合など、課題はまだまだありそうです。
主な条件

貸付限度額:土地の評価額の約7割程度 ・貸付利率:年3%前後 ・貸付月額:30万円以内 ・貸付期間:貸付金+利子が貸付限度額に達するまで

リバースモーゲージを利用するにあたって一番のメリット

住み慣れた自宅を手放さずに老後の生活資金を得られることが1番のメリットといえます。老後資金に不安を感じた場合の有効な一手となるかもしれません。

《注意点》

土地の評価額で1000万以上でないと利用出来ない可能性が高いようです。もし、これから住宅購入をお考えの方にはある程度、資産性のある住宅選びも視野に入れてみてもいいのではないでしょうか。

 

いかがでしたか。まだまだ知られていないリバースモーゲージという制度ですが、年金受給額が減少している現在にとっては非常に有効的と言えるかもしれません。いくつかの要件や条件があるため、分かりずらく不安もあるかと思います。ただ、このような制度があると知っているだけでも、いざというときの助けになりそうな知識だからこそ、住宅購入のときから意識してみてもいいのではないでしょうか。

▲ ページトップへ戻る